見出しと目次

見出しA

マスメディアの社会的責任やあるべき姿・公平性を、情報の受け手が勝手に期待しているから、期待に反していることにイライラしてストレスだったことに気付く。

見出しB

発信側の彼らの立場にたってみると、株式会社として利益が出る方向に誘導する(不利益になる情報や真実は流さない)のは仕方ないかなと思い直した。

見出しC

受け手側が情報を鵜呑みにせず真偽を自分の目で見て自分の頭で考えて判断するようにしていくしかないと思った。

なので

・情報番組は見ない、もしくは、そういう方向狙ってるのねーの把握感覚で見る

・もし流してる情報を鵜呑みにした場合、どこが儲かるのか?を常に考える

・発信源が何とか協会なら、協会の上の人たちを調べてみると面白い。

・期待値を下げれば、そもそも期待してないのでストレスにもなりにくい

・情報は1つを鵜呑みにせず複数ソースを見てから総合判断するようにする

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

前の記事

パーマリンクの変更